にきびの原因を知りにきびの予防をする

LINEで送る
Pocket

にきび予防で大事なことは、どうしてにきびになるのかというメカニズムを知ることです。10代半ば~後半はにきびができやすい時期で、額や鼻の頭、あごにまでにきびができる人がいます。

 

また、思春期を脱してもにきびが出ることもあります。なぜ人の肌には、にきびのようなものができるのでしょう。いやなにきびを予防するためにも、にきびが出来てしまう原因を理解しておく必要があります。

 

にきび予防の近道になるとも言えます。にきびはホルモンバランスのくずれから毛穴の中にある皮脂腺から分泌された皮脂の量がふえ、毛穴がつまってしまうことが原因で起こります。

 

古い角質層が残ったままこびりついて硬化しているため、毛穴が塞がってにきびになることもあります。どちらの場合も毛穴が詰まってしまっているため、分泌される皮脂が毛穴の内部に充填されます。

 

元々皮膚にはアクネ菌という菌が存在しており、この菌が毛穴で増えてにきびを形成するのです。たかがにきびと放っておくと、痛くなったり腫れて熱を持つなどして、病院に行く羽目になることもあります。

 

にきびを予防するには、肌から皮脂や古い角質などの不要な成分を洗い流し、毛穴に汚れが詰まらない状態を維持することです。皮脂の分泌を抑えることも、にきび予防には大切です。

 

表皮の角質層を厚く、硬くさせないことが、にきび予防の秘訣でもあります。どうしてにきびができるのかを知った上で、にきび予防に効果的な肌のお手入れをすることによって、にきび対策ができます。