紫外線対策グッズ

LINEで送る
Pocket

衣類や帽子、日傘などの紫外線防止グッズが、紫外線対策には成果的でしょう。

真夏だけでなく、紫外線は1年じゅう地上に降り注いでいるものです。

3月、4月頃から段々と強くなり、5月〜8月が特に強くなるのが紫外線のトレードマークです。

特に午前10時から午後2時の間の外出は、充分にと紫外線対策をしましょう。

紫外線対策の基本は、帽子やサングラスの着用、日傘の応用、肌を露出しない服装だといえます。

衣類はポリエステルと綿の混紡材質で目のつまっているものが、パフォーマンス良く紫外線を防ぐには良いようです。

より紫外線対策になるのは、繊維に紫外線防止加工がされているものでしょう。

襟のある衣服は、首筋も日焼けしやすい位置なので、紫外線対策として役立ちます。

つば広のものが帽子としては良く、つばが7?以上あれば、6割の顔に浴びる紫外線は裁断する事ができるです。

紫外線を白は透過するため、黒い材質が紫外線対策には良いといえます。

目からも紫外線は吸収しますので、皮膚対策だけでなくサングラスも影響的です。

真っ黒のサングラスは視界が薄暗くなるため瞳孔を開かせ、横からの散乱紫外線が入り込んできます。

UV切断表示のある、薄い色のサングラスがお勧めです。

日傘を持つ時は柄を短めに持つと、日傘の布と肌の距離が近くなり、紫外線対策影響が高まります。